Home »  教育・研究 »  研修を希望される先生方へ

研修を希望される先生方へ

特徴

病理診断科・病理部の主な業務は、病理組織診断、術中迅速診断、細胞診、病理解剖である。当科での検体数は、1年間で、病理組織診断が約12,000例、術中迅速診断が約500例、細胞診が約10,000例、病理解剖が30~40例である。病理診断は患者の診断・治療の基礎となる重要な医療分野である。病理診断は臨床各科に関与しており、広範な領域の知識を必要とする。

 

初期臨床研修 (久留米大学病院 初期臨床研修 / 病理診断科・病理部)

後期研修(病理専門医を目指す先生方)
専門研修(久留米大学病院 専門研修 / 病理プログラム冊子 / プログラム)
 

大学院 (久留米大学医学部病理学講座: 旧第一病理学講座 / 旧第二病理学講座 )

 

 指導体制
  研修責任者: 秋葉 純
  病理専門医: 12名 
  病理指導医 :  5名 
  細胞診専門医: 7名 

 研修スケジュール
  基本的には月曜日から金曜日まで、毎日病理組織診断に携わる。
  病理解剖は不定期に行われるので、当番制で決める。

 

 

週間予定     

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日

 

 

病理組織診断
細胞診
術中迅速

 

肝癌カンファランス
(月1回)
胆膵カンファランス
(月1回)

所見会(Weekly CPC)

 

病理組織診断
細胞診
術中迅速

 

大学CPC(隔月1回)
婦人科カンファランス
(月1回)

 

 

病理組織診断
細胞診
術中迅速

 

血液カンファランス
(月1回)
乳腺カンファランス
(月1回)

 

 

病理組織診断
細胞診
術中迅速

 

神経カンファランス
(月1回)

 

 

病理組織診断
細胞診
術中迅速






久留米大学病院病理部-お問い合わせ
Copyright© 2014 久留米大学 病理診断科・病理部公式ホームページ official website All Rights Reserved. 管理