Home »  教育・研究 »  後期研修

後期研修


ya2B 目的  

  病理専門医を目指す先生方のための研修

ya2B 取得可能な資格  

  屍体解剖資格、病理専門医、細胞診専門医

ya2B 病理専門医受験資格  

  ・初期研修2年+病理学会認定施設3年間の研修
  ・屍体解剖資格を取得していること(病理解剖20体)
  ・人体病理学に関する論文または学会報告3編以上
  ・病理組織診断5000例以上、術中迅速診断50例以上、
   細胞診経験症例数1000件以上
  (日常病理診断に携わっていれば問題のない症例数)
  ・病理解剖を主執刀医として30体以上(屍体解剖資格の主執刀症例も含む)

ya2B 専門医研修システム  

  ・日本病理学会が示す研修システム(現在作成中)に準じて研修を行う。
  臨床コース
  大学院コース*
 (*日本病理学会が示す研修システムに準じて研修を行い、受験資格を満たせば、
  大学院4年目でも病理専門医受験は可能)

img_training






久留米大学病院病理部-お問い合わせ
Copyright© 2014 久留米大学 病理診断科・病理部公式ホームページ official website All Rights Reserved. 管理